メンター紹介Mentor

Mentorメンター

村上 太一

村上 太一Taichi Murakami

1986年東京都生まれ。
高校時代から、創業メンバー集めなど起業準備を開始。2005年、早稲田大学政治経済学部入学。2006年2月、大学1年生でリブセンスを設立。2011年12月に東証マザーズ、2012年10月に東証一部へ史上最年少25歳で上場。会社や事業の事を考えるのが何より好き、365日仕事を楽しむ。

内藤 裕紀

内藤 裕紀Yuki Naito

1978年東京都生まれ。
京都大学在学中の2001年にドリコムを設立。ブログサービス事業で業績を大きく伸ばし、2006年東証マザーズ上場を果たす。現在は国内外に向けたゲーム事業、広告事業・メディア事業、ソーシャルラーニング事業を展開。自ら新たなサービスを産み出し、そしてその機会を創出することにも注力している。

審査員judge

桂 大介Daisuke Katsura

大学在学中に代表村上とリブセンスを共同設立し、取締役に就任。開発リードを6年務めた後、マーケティング部署の立ち上げや住宅事業部長や人事部門統括を歴任。

露崎 俊一郎Shunichiro Tsuyusaki

リブセンスの経営企画部にて、主に投資案件やアライアンス戦略を担当。Web系やモバイル系に限らず様々なスタートアップを見てきている。リブセンス入社以前はソーシャルゲーム会社にてIRおよびPRの責任者としてIR/PR業務に従事。それ以前は日系および外資系証券会社にて投資銀行業務を10年以上担当し、IT系を含む様々な業種の資金調達やIPO、M&A案件を経験。

廣瀬 敏正Toshimasa Hirose

1979年、岐阜県に生まれる。同志社大学在学中、京都にてドリコムの創業メンバーとして参画。以来、ドリコムのビジョン実現を牽引し、常に事業において重要な役割を担う。2011年10月にHR本部を立ち上げ、現在では企業文化醸成と採用力・育成力向上に向けて注力する。

学生起業家向けビジネスディスカッション
「STARTUP 50 for Students」エントリー受付中

STARTUP 50 for Studentsを通して、「世界」を変えるあたらしいあたりまえを創る学生のビジネスプランを本気でブラッシュアップします。皆様からのエントリーお待ちしております!